hana

21世紀の異常気象と受け継がれた景気

21世紀の異常気象と受け継がれた景気

都会は便利になり、異常気象が続く現代。日本人は、古代から五感で得た情報で現実を認識。例えば雷に意思を感じたのは、海や山で蛇に出会えたから。そして雷が落ちた田畑は、豊かな実りをもたらしました。日本人は、異なる世界からもたらされた幸せになる情景を「景気」と捉えました。アルゴリズム、問題を解くための数学的計算手順。お天気アプリにナビ地図ガイド、バイト探しにコンビニの品揃えなどなど。便利な都会はアルゴリズムで作られます、またナショナルトレジャーには、社会と異界を幸せに調和する「景気」のアルゴリズムが隠されています。

21世紀の異常気象と受け継がれた景気

国宝 花下遊楽図屏風 狩野長信 筆(江戸時代・17世紀)
東京国立博物館本館2室(国宝室)2019年3月12日—4月7日展示予定

admin21世紀の異常気象と受け継がれた景気

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する