ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-岩戸山歴史文化交流館

 

死と再生—、 
古代の王が仕えたもの。 
「祭礼」こそが—、 
食料生産(農業)革命。

 

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土 
古墳時代 6世紀 東京国立博物館蔵 
 
タスキをかけ、 
腰に三角文の帯をつける。 
 
左腰には五つの鈴付きの鏡と 
三角文のポーチを下げている。 
 
巫女の姿のようで、 
対の男子像もあったと思われる。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
岩戸山歴史文化交流館 

https://gotokyoonline.org/ancient-governance-b/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-岩戸山歴史文化交流館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する