ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-三鷹の森ジブリ美術館

 

時代は情報化し、 
視覚はフラット化。 
でも美は、プロスペクティブ(奥行き)。

 

木造毘沙門天立像(ビシャモンテンリュウゾウ) 
平安時代 12世紀 東京国立博物館蔵 川端龍子氏寄贈 
 
表面に金などの彩色上に、細く切った金箔で 
文様を表す技法、截金(キリガネ)。 
目に水晶をハメル技法、玉眼(ギョクガン)。 
 
平安時代後期、伝統的な技法に、 
時代を先駆ける技法を取り入れる。 
 
美しき厳(オゴソ)かさに、リアリティを求める。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/SUSTAINABLE/MIND
三鷹の森ジブリ美術館

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-三鷹の森ジブリ美術館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する