ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-佐倉市立美術館

 

温もりに美、 
脈動に美。 
皮膚感が、正解の日本の美。

 

聖護院の庭 浅井忠  
明治37(1904)年 東京国立博物館蔵 高野時次氏寄贈 
 
佐倉藩藩士の子供で花鳥画を学び、 
文明開化でフランスに留学した浅井。 
 
光の微妙な変化が現れる水辺で、 
自然観察し、日々写生した。 
 
留学から帰国後、京都に移住し、 
自宅近くの聖護院から描く水彩画の作品。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/JOURNEY/STUDY
佐倉市立美術館

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-佐倉市立美術館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する