ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-柿右衛門古陶磁参考館

 

近代化はしても、日本では、 
心の可動域は保たれ、 
プロスペクティブ(奥行き)は残される。

 

鷹見泉石(タカミセンセキ)像   
江戸時代 天保8(1837)年 東京国立博物館蔵 
 
愛知・田原藩の江戸家老、渡辺崋山(カザン 1793~1841)は、 
また西洋画法を取り入れた画法を確立した画家。 
 
顔は微妙な陰影で写実に、 
着衣はおおらかに、 
蘭学の先輩、鷹見泉石を描く。 
 
幕府の海防批判の疑いで失脚し、4年後切腹。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/JOURNEY/SILK ROAD
柿右衛門古陶磁参考館

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-柿右衛門古陶磁参考館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する