ガンダーラの審美

2013年5月2日

万環百話

ガンダーラの審美
ジャングルと仏像たち⑭
リニューアルオープンした東博東洋館2階には、インド・ガンダーラ美術の常設展がある。ガンダーラは現在のパキスタン北西部ペシャーワル周辺で、1〜3世紀のイラン系の王朝・クシャーン朝の中心地。東西文明の十字路といわれ、仏教とギリシャ・オリエント文化が出会い、仏像が生まれる。大いなる存在を具象化する。解脱の修行・トレーニングや思想の仏教は、彫刻をもって宗教化する。内観する思想とすがる慈悲がかさなり、美となる。
ジャングルと仏像たち
ガンダーラの審美

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する