頼朝の強運

2013年4月30日

万環百話

頼朝の強運
頼朝と法然⑫
平治元(1160)年、清盛に敗れた義朝は頼朝を連れ東国を目指す。そして滋賀・岐阜県境近く、東国との境不破の関を前に、琵琶湖湖東で頼朝は、父一行と逸れる。その後父義朝は、東国愛知・知多半島で打ち取られている。一方頼朝は、湖東を北に下り長浜の大吉寺に匿われ後に捕まる。仮に父と同伴していれば、知多半島で頼朝も打ち取られているはず。頼朝が逸れたことが、無為によるか、意図的かはわからない。運命の分かれ道はあった。
頼朝と法然
頼朝の強運

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する