大切なモノは地域に眠る

2013年4月26日

万環百話

大切なモノは地域に眠る
地域を深掘る④
自己責任と言われるほどに、情報に踊っちゃう。見る目、その目ってどこにある?実は見る目とは、見えてないモノを見る目のこと。通天閣、鶏肉、牛肉、ご飯は今もある。しかし「卵とじ丼」の発想・手法は、通天閣、親子丼、他人丼ができた時点で消えている。異なるものをひとつにする「卵とじ丼」こそ、文化であり生命(いのち)を支えるモノや算段。歴史は情報を連環し今につながっている。意味はいっぱい、わたしの町や地域に埋まってる!
地域を深掘る
大切なモノは地域に眠る

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する