ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-鉄道文化むら

 

プロスペクティブ(奥行き)の 
作意が都会的。 
窓も情報化が現代的。 
近代日本は、内に灯(アカリ)を保つ。

 

志野茶碗 銘 振袖 
安土桃山時代〜江戸時代 16−17世紀 東京国立博物館蔵 
 
柔らかいモグサの土を使い、 
真円でなく、高低がつく茶碗の口縁、 
少し張りのある胴。 
 
鉄を含む鉱物を砕き塗り、筆で絵を描き、 
白いユウヤクをかけて焼く。 
 
温もりと振動のイマジネーション。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
鉄道文化むら 

https://gotokyoonline.org/ancient-reanimation-a/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-鉄道文化むら

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する