ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-宇和島城

 

虚(ウツロ)う天守、残る石垣。 
天守は無情、石垣は有情。 
今と時を知る、組み合わせの美。

 

葡萄図 立原杏所(タチハラキョウショ)筆 
江戸時代 天保6(1835)年 東京国立博物館蔵 
 
立原杏所(1786~1847)は水戸藩の藩士で、 
また絵師ではない人が描く文人画の南画家。 
 
そのスタイルは謹直で穏やかなのだが、 
酔いにまかせ描くこの作品は、大胆で奔放。 
 
フラットで温暖な中国・江南の風土から生まれた 
とらわれることなく自然の風情を描く画が、南画。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
宇和島城 

https://gotokyoonline.org/sustainable-coexistance-b/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-宇和島城

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する