ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-宇治市源氏物語ミュージアム

 

美を言語化する王朝貴族は、 
歌を書とした。

 

古今和歌集巻十九断簡(ダンカン)(高野切 コウヤギレ)伝紀貫之筆 
平安時代 11世紀 東京国立博物館蔵 
 
醍醐天皇(885-930)の命により編纂された古今和歌集。 
マキモノの一部を切り、掛軸などに仕立て直すのが、断簡。 
 
切れ目なく続き、切れ味の鋭い筆線で、 
明るく流動する美しい仮名文字。 
平安貴族の書道の手本。 
 
豊臣秀吉が高野山の僧に与えて、高野切という。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
宇治市源氏物語ミュージアム 

https://gotokyoonline.org/court-story-b/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-宇治市源氏物語ミュージアム

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する