ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-安国寺

 

サムライは、一つしかないいのちを、 
いつも肌で感じてた、 
—だから記録よりも記憶。

 

樫鳥糸(カシドリイト)肩赤威(カタアカオドシ)胴丸 秋田一季氏寄贈 
室町時代 15世紀 東京国立博物館蔵 
 
兜は、花弁を縁取る色のように、金メッキで筋飾り、 
神仏の守護を得るその前立は、クワガタと日輪。 
 
胴体を囲い、右脇で引き合わす鎧の胴丸は、 
黒漆を塗った小さな鉄板を、紺糸に紅染めの赤糸を、 
斜めに打ち込む組み糸(樫鳥)で、とじ連ねる(威)、 
大袖の上段、肩の部分は、赤糸で威す。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
安国寺
https://gotokyoonline.org/samurai-festival-b/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-安国寺

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する