ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-姫路文学館

 

漱石、我輩は猫である。名前はまだない。 
私も猫である。名前はまだない。 
ワッ、美を捉えるヒゲ伸びる!

 

グレ-風景 浅井忠 
明治34(1901)年 東京国立博物館蔵 高野時次氏寄贈 
 
佐倉藩藩士の子供で花鳥画を学び、 
文明開化でフランスに留学した浅井。 
 
19世紀半~20世紀前半芸術村が、フォンテーヌブローの森周辺にあった。 
若い画家たちは、光の微妙な変化が現れる水辺に写生地を求め、 
川に面したグレーは、第二のバルビゾン村となる。 
 
浅井はグレーで、屋外での写生を日課とする。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/UKIYO/PILGRIMAGE
姫路文学館

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-姫路文学館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する