ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-土佐国分寺

 

美を装うもの。 
美が湧き出すもの。 
審美する眼、養おう!

 

虎林字号(コリンジゴウ) 徹翁義亨(テットウギ)筆 
南北朝時代 14世紀 東京国立博物館蔵 
 
茶人、城や庭の造形家、小堀遠州(エンシュウ 1579-1647)が愛した書。 
 
禅の大師が、修行僧を一人前の禅僧と認め、 
与える墨跡、書が字号。 
 
京都・大徳寺を開く大燈国師(ダイトウコクシ)の 
法を受け継いだのが、徹翁義亨(1295-1369)、 
—仮の方便を使わず、極みを目指す。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/COURT/SKY
土佐国分寺

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-土佐国分寺

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する