ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-壱岐市立一支国博物館

 

近代からの農業革命、産業革命、情報革命。 
システムを司るものが覇者となる。 
古代、そのシステムは時の管理(暦)だった。

 

銅鐸(どうたく) 青銅製 伝香川県出土 
弥生時代(中期) 前2—前1世紀 東京国立博物館蔵 
 
弥生文化を特徴づける国産の青銅器。 
 
表面に区画され、鋳出された絵画。 
再生や生育と関連する、シカやウミガメ、 
トンボや動物等が描かれ、農耕祭祀と深い関わり。 
 
同じ絵画を持つ銅鐸が存在する。 
弥生時代のテーマは、再生産。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/ANCIENT/WET
壱岐市立一支国博物館

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-壱岐市立一支国博物館

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する