ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-一宮浅間神社

 

手で感じる美。 
あわせた温もり。 
ほっとさせるマインドが、美しい。

 

写生帖(シャセイジョウ)  円山応挙(オウキョ)筆 
江戸時代 寛政5(1793)年 東京国立博物館蔵 
 
応挙(1733-95)は、写生を重視する。 
 
磨いた写生の技を生かした、 
心に響く構図性と色彩感で京などで人気。 
 
当時、実用的な面から博学の興味が高まる。 
 
すべてが、実物の写生ではないが、 
客感的に生を捉える、その筆を持つ手。

 

色褪せぬ美を伝える、
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。

GO TOKYO ONLINE/SUSTAINABLE/FESTIVAL
一宮浅間神社

 

https://gotokyoonline.org/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-一宮浅間神社

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する