ナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-芦ノ湖

 

恐れは消えない。 
美もなくならない。 
和すれば、視野は変りゆく。

 

色絵花鳥文大深鉢(オオフカバチ)—伊万里(イマリ)・柿右衛門(カキエモン)様式  
江戸時代 17世紀 東京国立博物館蔵 
 
柔らかく暖かな雰囲気、 
九州・有田の柿右衛門のスタイル。 
 
平安時代から和様の花鳥図を題材に、 
暖色系の色彩で描かき、 
非対称、乳白色の余白、豊かな構図。 
 
また茶発色のウワグスリで、口縁を飾る。

 

色褪せぬ美を伝える、 
シンドバットの宝物 (Treasure of Sinbad)。#GOTOKYO 
 
芦ノ湖https://gotokyoonline.org/island-folklore-a/

 

masterナショナルトレジャーとGO TOKYO ONLINE-芦ノ湖

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する