景観が語る

2013年5月16日

グランシェフ百話

景観が語る

「隠されし時」を求めて(7)
景観が語る
久岡の独り言15。同じくプルーストがこの本の中でふとした町の景観や風景で自分の忘れ去られていた記憶を取り戻すということも語っています。味わいと同じように、場所にも歴史とか記憶が受け継がれている。だから土地の記憶も味の中にはあるのだろうなと思います。
「隠されし時」を求めて
グランシェフ+
景観が語る

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する