マドレーヌが語る

2013年5月16日

グランシェフ百話

マドレーヌが語る

「隠されし時」を求めて(5)
マドレーヌが語る
久岡の独り言13。マルセル・プルーストの失われた(隠されし)時を求めては、主人公がマドレーヌを食べた時にマドレーヌの味から忘れさられていた記憶を呼び戻すストーリーが展開。つまりプルーストは隠された時を思い出す部分に実は味覚という部分がカギになるという事をこの物語で語ります。
「隠されし時」を求めて
グランシェフ+
マドレーヌが語る

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する