情景と記憶

2013年5月16日

グランシェフ百話

情景と記憶

旨味とUMAMI(7)
情景と記憶
コルクを抜いてグラスへと注ぎそこから始まるイメージ、香りを味わい、また変化する味わいがワインを飲む人への一つの情景感を与える。そのフィネスが料理人のエレガンスに影響したのではないだろうか。そして料理を作るだけではなく、シェフに情景感を意識させるようになったのではないか、と思います。
旨味とUMAMI
グランシェフ+
情景と記憶

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する