後味は記憶2

2013年5月16日

グランシェフ百話

後味は記憶2

後味とリエゾン(6)
後味は記憶2
だからいかに後味を作るか。実は多種多様の方法があり一言ではいえません。事実です。だけれども例えるなら酸味。グランシェフがある意味、酸味を多用するというのは後味に関係しているのではないでしょうか。世界中のお客を相手にする時に後味を意識する、ではないでしょうか。
後味とリエゾン
グランシェフ+
後味は記憶2

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する