リエゾンこそフレンチ

2013年5月16日

グランシェフ百話

リエゾンこそフレンチ

後味とリエゾン(2)
リエゾンこそフレンチ
フランス語にはリエゾンという発音の仕方があります。二つの単語を繋げて一つにする。ある意味で、主が食材のUMAMIであって、後味というのは、主とリエゾンするようにシェフが作っているモノのようにも思えます。
後味とリエゾン
グランシェフ+
リエゾンこそフレンチ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する