苦味の十分条件5

2013年5月16日

グランシェフ百話

苦味の十分条件5

酸味・苦味・甘味(11)
苦味の十分条件5
またもとは中国から来たのが京野菜、京都の野菜は大陸の野菜だった。インゲン豆というのは、中国から江戸時代に渡来した隠元禅師(1592-1673)が紹介したものでした。これって中国の根菜料理が日本に来てのちにヨーロッパへつながって行く、とも言えるのでしょうか。
酸味・苦味・甘味
グランシェフ+
苦味の十分条件5

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する