内装設計2

2013年5月16日

グランシェフ百話

内装設計2

グランシェフの手の内(25)
内装設計2
グランシェフの料理を理解するには、同じ厨房に立つとしても、やっぱり準備が必要です。途中で手が止まっているように見える作業が、実は平面を建てる作業に使われていることがある。だから思考の立面化という準備なしには、実際グランシェフの手の内は読めません。
グランシェフの手の内
グランシェフ+
内装設計2

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する