内装設計

2013年5月16日

グランシェフ百話

内装設計

グランシェフの手の内(24)
内装設計
グランシェフのレシピとは、例えば平面ではなくUMAMIを運ぶ立体的な構成になっていると思います。建築的。ですからレシピの流れが、縦や平行だけで流れないのです。建っている部分がある。そしてその組み立てがグランシェフの思考の中に既に出来ているのです。
グランシェフの手の内
グランシェフ+
内装設計

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する