火事場事情2

2013年5月16日

グランシェフ百話

火事場事情2

グランシェフの手の内(19)
火事場事情2
例えば牛の骨髄を例えば魚介類の味のアクセントに使う場合、長時間弱火を使います。グランシェフの料理は、光熱費と、人の手・目がかかります。よってゆえにグランシェフは一日1000皿の料理を作るのは必然であります。
グランシェフの手の内
グランシェフ+
火事場事情2

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する