分子と親和

2013年5月16日

グランシェフ百話

分子と親和

グランシェフの手の内(15)
分子と親和
普段人は見た目にだまされます。だから魚料理は魚、肉料理に肉と当然に組み合わせてきました。しかし魚介料理に、牛の髄液を組み合わせる料理が登場します。これは単に、調理によって変化する食材の分子構造やその親和性を知っているか知らないかではないでしょうか。
グランシェフの手の内
グランシェフ+
分子と親和

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する