月と六ペンスの夢に浸る

2013年5月15日

グランシェフの職場

月と六ペンスの夢に浸る

ーディディエ・アニエス
フーケッツ
南仏ニースから12km、紺碧海岸コート・ダジュールのモナコとニースの間に位置する高級住宅地、サン・ジャン・カップ・フェラ。ディデイエ・アニエスが総料理長をつとめるグランドホテルは、そのサン・ジャン・カップ・フェラに7haの地中海風庭園内にある5星のホテル。73室の広々とした客室は洗練された内装で、プールは海のパノラマの景色を望むオリンピックサイズ、プールの横にあるClub Dauphinでは地中海料理を味わえる。ミシュランの1つ星レストランLe Capでは、グルメ料理を終日楽しめ、終日営業のレストランLa Verandaもある。

そしてこの地で、画家のポール・ゴーギャンをモデルにした「月と六ペンス」を書いたサマセット・モームが晩年を過ごしている。絵を描くために安定した証券会社の仕事を捨てる、月は夢で六ペンスは現実。六ペンスをしばし忘れて、月に浸れる景観と料理が提供されるホテルである。

グランシェフ+
月と六ペンスの夢に浸る

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する