カースト制度と仏教

2013年5月2日

万環百話

カースト制度と仏教
ジャングルと仏像たち⑫
悟り、解脱し仏となる種、仏性は全てのものに宿る。釈迦の仏教は、インドの階級固定のカースト制度に相対し、誕生している。カースト制度は、インドのひとつの植民地政策。輪廻は当時紀元前5世紀の社会で認識されていた概念で、前世に基づく階級制度とされたカースト制度を成立させていた。仏教の悟り、解脱は、このカースト制度から解放されることを意味した。仏教は、そのための自分自身を内観する修行・トレーニングで、思想だった。
ジャングルと仏像たち
カースト制度と仏教

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する