クメールの微笑み

2013年5月2日

万環百話

クメールの微笑み
ジャングルと仏像たち⑪
2013年1月にリニューアルオープンした東京国立博物館東洋館地下1階に、クメール王朝の常設展示室ができる。12世紀末からジャヤーヴァルマン7世が建造した王都のバイヨン寺院を飾っていた浮彫の彫刻を展示。バイヨンとは美しい塔の意味で、4面にクメールの微笑みと呼ばれる人面で飾られる塔が多く建つ。人面は、観音菩薩ともジャヤーヴァルマン7世とも言われ、塔は王朝各地域の象徴。現実には、アンコールへの各道が、その微笑みとつながっていた。
ジャングルと仏像たち
クメールの微笑み

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する