かさなるアンコールと明日香

2013年5月2日

万環百話

かさなるアンコールと明日香
ジャングルと仏像たち⑩
古都奈良のマスコット、せんとくんの作者、東京芸大の籔内教授は、「日本の仏教は、バラモン教が仏教の衣を着て日本に定着している」と指摘する。日本では、インドから渡来の仏教僧を婆羅門僧正という。播州から摂津・神戸の摩耶山までインド渡来の修行者が山を開き、また大和朝廷との極めて近い関係性を残す。そして明日香には石像が多く残る。おおらかで、不思議におもしろい。大河のようなダイナミックさとゆるさ。アンコールの石像ともかさなる。
ジャングルと仏像たち
かさなるアンコールと明日香

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する