奈良とかさなる仏像アンコール様式

2013年5月2日

万環百話

奈良とかさなる仏像様式
ジャングルと仏像たち③
世界的に高く評価される仏像のアンコール様式。王が信仰した仏教は、日本に伝わる北伝の大乗仏教と同系である。慈悲深き観音菩薩に、阿弥陀如来が化仏(けぶつ)として菩薩の冠に意匠される。その優美なフォルムは、インドのグプタ王朝、アジャンター石窟寺院壁画のグプタ様式とかさなる。ギリシャ的ガンダーラ様式からインド化した様式で、和辻哲郎の「古寺巡礼」で書かれたように、アンコールだけではなく、日本の奈良ともかさなりあうのだ。
ジャングルと仏像たち
奈良とかさなる仏像アンコール様式

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する