東南アジアの道は、アンコールに通じる

2013年5月2日

万環百話

東南アジアの道、アンコールに通ず
ジャングルと仏像たち①
カンボジア・クメール王朝建造の世界遺産アンコールワット、アンコールトム。日本で平家や源氏が台頭し、武家の時代となる12世紀から13世紀初頭にかけて、王ジャヤーヴァルマン7世が東南アジアに広がる領土に、アンコールにつながる街道を整備し、病院を建設。観音菩薩の慈悲深き聖域、巡礼の地となる。図絵を得た3代将軍徳川家光も、この地が釈迦が説法を行った祇園精舎だと考えた。王の名のヴァルマンは守護者の意味である。
ジャングルと仏像たち
東南アジアの道は、アンコールに通じる

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する