広重の覚悟

2013年5月2日

万環百話

広重の覚悟
本から始まる旅(28)
黒船が来航し江戸に安政の大地震。広重は名所江戸百景の連作を決め、2年後開国後上陸したコレラで冥土に旅立つ。明治知らず。万環百話「大阪発 くらしの算段」で京坂の間口せまく奥長い町屋が登場し、広重が描く「木曽街道六拾九次之内」近江柏原宿で、間口広く立派な中庭を見せ旅人に茶をもてなすもぐさの伊吹屋が登場する。景観のこころを描く広重。かさなる本が「近江歴史回廊 近江中山道」で、誘う旅が滋賀・米原と大阪・大阪。
本から始まる旅
広重の覚悟

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する