大自然のない日本のすばらしさ

2013年5月2日

万環百話

大自然のない日本のすばらしさ
本から始まる旅(27)
日本は、暖流と寒流が出会う海に囲まれた山国である。いい感じで緩い自然。山間も里に半自然化でき、ひとの日本の故郷になった。日本人は、北や南、西からのワタリでディアスポラ、故郷を失いし者たち。痛みを知るので、もとなすこころを持ち得た。大自然のない緩い列島とともに。自然もひとも多くの声や言の葉を聞きながら、かさなりながら生きていく豊かさを伝える本が「新鹿(あたしか)」と「東北力」で、誘う旅が三重・熊野と秋田・鹿角である。
本から始まる旅
大自然のない日本のすばらしさ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する