林真理子と志賀直哉

2013年5月2日

万環百話

林真理子と志賀直哉
本から始まる旅(20)
小説「葡萄が目にしみる」を書いた林真理子と赤城山文学紀行「あゝこれ山」に書かれた志賀直哉。ファンタジックとロマンは違うが、地元のひとや家族との織りなす人間関係に距離を置き、その間に自然なるものが入り、あったかい、ほっこりする風情となるところはかさなりあう。それは出会いの場の日本伝統の襖絵に通じる。畏怖のモチーフを描くとも、雲に託して間を残す。自然を取り込みほっこりする旅へ、山梨・山梨、兵庫・豊岡が誘う。
本から始まる旅
林真理子と志賀直哉

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する