論語と葉隠

2013年5月2日

万環百話

論語と葉隠
本から始まる旅(19)
論語は江戸時代の武家の習いであり目指す道である。紹介する本は「新編 足利浪漫紀行」と「大隈重信」。近世、関東の最高学府と評され、実践を重んじた足利学校で学ぶ儒学の「論語」と、大隈の出身地佐賀藩で一時禁書扱いも受けた「武士道は死ぬこととみつけたり」の武士道の書「葉隠」が登場する。美は共通しながら、体制性と非体制性。男は武士、花は桜木のサムライもひとつではなかった。その違いを実感する旅を、栃木・足利と佐賀・佐賀が誘う。
本から始まる旅
論語と葉隠

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する