諸君は必ず失敗する!

2013年5月2日

万環百話

諸君は必ず失敗する!
本から始まる旅(8)
これは大隈重信の言葉、今回紹介の本は「大隈重信」と「殿様と鼠小僧」。後者は、平戸藩主松浦静山が書く江戸後期の政治や事件、風俗から妖怪まで登場する随想集「甲子夜話(かっしやわ)」がテーマ。優秀なる藩主で幕政改革に成功した静山は、幕政参画を望むが失敗した。そして隠居し夜話を20年書き、未来に名と学術文献を残す。「失敗に落胆しなさるな、打ち勝たねばならならぬ」と大隈は励まし激を発するのだ。誘われる旅は佐賀・佐賀と長崎・平戸。
本から始まる旅
諸君は必ず失敗する!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する