絵日記と洛中洛外図の謎解き

2013年5月2日

万環百話

絵日記と洛中洛外図の謎解き
本から始まる旅(4)
洛中洛外図とは、近世京の都を描いた風俗画である。これは本当に価値のあるものだった。受け継がれていくものは伝承も生む。紹介される本は「謎解き洛中洛外図」で、旅は山形・米沢。もうひとつの本は、稀代の画家が書き下ろした「守屋多々志の絵日記入門」で、岐阜・大垣に誘う。絵でつづる日記は、絵画ではないが、自分を読み解き、自身の謎も解くモノでもある。そして2冊の本がともに語る、謎を読み解く鍵、それは季節感だった!
本から始まる旅
絵日記と洛中洛外図の謎解き

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する