東京に無くて、十勝にあるもの

2013年4月30日

万環百話

東京に無くて、十勝にあるもの
十勝でマンゴー⑳
吉澤さんの志ファンドは、近世まで日本にあった頼母子講などを参考に、投資リターンに店舗利用券などを含める一種の緩さを持つ。原野を開拓したものは、自然を相手の緩さの必然を知っている。目の赤くない乳牛などの生きモノを育てる人たちもやっぱり緩さの大切さがわかっている。それが生命(いのち)に向き合って生きるということ。生命の大切さは、わかっていても日々情報とシステムの中で生きると、この緩さの実感が遠くなる。
十勝でマンゴー
東京に無くて、十勝にあるもの

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する