カムイのぬくもり

2013年4月30日

万環百話

カムイのぬくもり
十勝でマンゴー⑬
深い闇で不自由の中の自由を楽しむ体験を提供するヘレン・ケラー記念塔・星山荘には、風の琴、バリ島のスナリなどの風鈴の音とともに、触覚を深める闇のお風呂や、香りで自在感を感じてみる闇の茶室がある。現在環境教育を学ぶ子供たちの宿泊施設や、施設利用者のフリースクール開催の準備が進む。そして幌尻(ポロシリ)岳の落日の光で包まれるカテドラル、教会。身体の中が熱くなる。幌尻岳はアイヌのカムイ(神)山、本館はその祈りの丘に建つ。
十勝でマンゴー
カムイのぬくもり

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する