十勝のマンゴーの意味

2013年4月30日

万環百話

十勝のマンゴーの意味
十勝でマンゴー⑩
しかしである。平成23(2011)年に東日本大震災が起こる。十勝でマンゴーを栽培するため電気を使い、自然に負担をかける人工栽培をしてブランド商品を作ることに意味があるのか?そこで考えた。年間通じて土温16〜18度を維持するために、温泉の地熱を使う、冬の雪を貯める、車社会の北海道内から出る廃油を使う。持続可能な熱源で、自然に負担をかけずに北の大地にマンゴーの実をつけてみせる!依田勉三たちの志をつなぐために。
十勝でマンゴー
十勝のマンゴーの意味

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する