十勝でマンゴーは、社会イノベーションなのだ!

2013年4月30日

万環百話

十勝でマンゴーは社会イノベーション
十勝でマンゴー②
北海道・十勝でマンゴーを育てることは、まず北の大地でひとが生きるため。しかし日本の社会起業家を育てる慶応大学教授、金子郁容氏は語る。社会イノベーションは、鉄道をつくり社会を変えるとかいう前に、ひとのモノに対する意識や先入観を変えてみることから始まるのだと。例えば、「南国のマンゴー」が、「北国のマンゴー」となれば、それがもう社会イノベーションであるのだ。ただしこの南→北の一文字を実現することが大変!
十勝でマンゴー
十勝でマンゴーは、社会イノベーションなのだ!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する