古着を預ける!

2013年4月30日

万環百話

古着を預ける!
くらしの算段⑩
大阪くらしの今昔館の呉服屋、布屋は、新着も古着も扱っている。江戸は、古着商いは鑑札制で、一緒には扱わない。布屋の裏手には、長屋も再現されている。見て驚くのは、納戸・押し入れがない。家財は全て1DKに積んで置く。長屋の住人は、季節が変わるとそれまでの着物を布屋へ売る、そして新しい季節の古着を布屋から買う。交換である。着たきりスズメ、は季節毎だった。布屋は、長屋の納戸とも言える。これは空間の算段である。
くらしの算段
古着を預ける!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する