大店の後家の算段

2013年4月30日

万環百話

大店の後家の算段
くらしの算段⑤
大阪生れの井原西鶴は元禄時代、「日本永代蔵」で書き残す。後家に入った大店の主人が突然亡くなる。残されたのは隠れた借金。大きな家は手入れが行き届かず、家を売っても借金が残る計算。そこで後家は、家をはした金の銀四匁(もんめ)で差し上げるという富くじを売り出す。そんなお金で家持ちなれると人気があがり、借金の2倍以上のくじの売上を後家は手にし、借金を返して別の商売がはじめられた。これは、計算ではなく算段である。
くらしの算段
大店の後家の算段

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する