頼朝と法然をつなぐ糸2〜親鸞

2013年4月30日

万環百話

頼朝と法然をつなぐ糸2〜親鸞
頼朝と法然⑬
武家の棟梁、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開き、名実共に武家の時代を確立した頼朝は、建久10(1199)年に突然に世を去ることになる。その後浄土真宗の宗祖となる親鸞は、師の法然の草庵を訪ねている。頼朝の死と親鸞。親鸞は源氏の親族である。母の吉光女の父は義朝で、頼朝と親鸞はおじ・おいである。頼朝は、建久元(1190)年の上洛の際に、兄弟・姉妹一族の供養を行っている。親鸞の母もまた熱心に阿弥陀仏を信仰した。
頼朝と法然
頼朝と法然をつなぐ糸2〜親鸞

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する