頼朝のこころの物証、滋賀・長浜大吉寺阿弥陀仏

2013年4月30日

万環百話

頼朝のこころの物証、阿弥陀仏
頼朝と法然⑪
「頼朝は、建久元(1190)年に上洛する前年、平家を滅ぼした後に残る最後の憂い、奥州合戦で東北の奥州藤原氏を滅ぼしている。しかしである。史書「吾妻鏡」に「合戦により相互の命を落とすもの幾千万」と頼朝の悲嘆の言葉が記載されている。武力・現世の無情、勝敗は兵家の常を知る頼朝だった。頼朝が阿弥陀仏の慈悲にすがった可能性を示す物証が、滋賀・長浜大吉寺に所蔵されている。阿弥陀如来立像。大吉寺は頼朝を守った寺院である。
頼朝と法然
頼朝のこころの物証、滋賀・長浜大吉寺阿弥陀仏

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する