法然の理念とグローバル経済との違い

2013年4月30日

万環百話

法然の理念とグローバル経済との違い
頼朝と法然⑨
16世紀大航海時代からのグローバル経済は、マニュアル化を求めるシステム。法然の理念は、仕組みがありシステムだが、戒律のようなマニュアル化がない。「選択本願念仏集」のようにテキストは限られ、「法然上人伝絵巻」のように教え・情報は情景的。文字面に縛られず、緩さがある。グローバル経済のシステムには、成長があってこころはない。法然の理念は日本のシステムであり、痛み知るこころがある。法然自身が幼少期にそれを知る。
頼朝と法然
法然の理念とグローバル経済との違い

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する