出会いの場所へナビ!

2013年4月26日

万環百話

出会いの場所へナビ!
頼朝と法然⑦
法然の理念とは、「南無阿弥陀仏」をとなえればGPSにつながる。液晶画面はこころの中。画面は一面ごとに動く。長い時間がかかる目的地とは、阿弥陀仏との出会いの場所。その時は、人生を生きる臨終の時。枕元に浄土への来迎に阿弥陀仏が登場する図はその時空を描き、3尺の阿弥陀仏立像はその場を象徴する。阿弥陀仏の本願を選択するアプリを持ち、念仏を発信する限りその出会いは絶対ある。そしてその場では、重力(1G)は消えている。
頼朝と法然
出会いの場所へナビ!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する