中世のアプリ

2013年4月26日

万環百話

中世のアプリ
頼朝と法然⑥
阿弥陀仏の本願につながる「南無阿弥陀仏」の専修念仏に至るまで、法然は比叡山延暦寺で膨大な仏典・教典を読む。膨大な情報の上で、阿弥陀仏を、南無阿弥陀仏を選択。まず法然自身がデーターベースとなる。次に東西南北の地図の方位が地球の重力(1G)をもとにするなら、浄土門の重力(1G)は、阿弥陀仏の本願とする。1Gは絶対不変で、この地球上でひとが存在する基本。そして「南無阿弥陀仏」が位置確認のGPSである。
頼朝と法然
中世のアプリ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する